一姫二太郎が叶う⁉


私が最近嬉しかったことはおなかの中にいる我が子の性別が判明したことです!
男の子でも女の子でもゲンキニ生まれてきてくれるのが一番ですし、特に希望もないと思っていました。
でも、心のどこかに男の子も育ててみたいなぁという気持ちもありました。
なぜなら私は仕事をしているときに男子校に勤めていたので男の子たちの面白さや女の子とは違う考え方を持つ彼らの思考を聞くのが好きであったからです。
また、よく巷では「男の子は小さな恋人」というのも耳にしていました。なので、男の子の子育てもしたいなぁと潜在意識の中で思っていたのかもしれません。

しかし、第2子を妊娠したときはなぜかきっと次も女の子だなという直感があって、女の子の名前を考えたり、新しい女の子のお洋服はどんなものを買おうかななどと、なぜかきっとお腹の子は女の子だと思いこんでいました。
そんな中、妊婦健診に行き、腹部エコーをしてもらっている最中、ドクターになにか心配事はないかと聞かれ、そうだ性別を聞こうと思って聞いてみました。

すると、「男の子っぽいねー」とのこと。
私は女の子と言われると思いこんでいたので、思わず「えっ⁉」と驚いた声を上げてしまいました。

家に帰ってからもまさか自分のところに男の子が来てくれるなんてとびっくりな反面、やはり、嬉しさも沸々とこみ上げてきました。

まだ第2子は生まれていませんが、今のところ男の子の予定です。
ドクターの見立てが正しければ、桜の咲く頃には我が家は一姫二太郎に恵まれる予定です。